GUNKANJIMA CONCIERGE × GUNKANJIMA DIGITAL MUSEUM

軍艦島レポート

軍艦島レポート

軍艦島

日本初の鉄筋コンクリートアパート30号棟がいよいよ…

投稿日:

 

こんにちは!広報の佐藤です。

 

「軍艦島コンシェルジュブログ」をご覧の皆様にご報告です。

本日、島内にツアーで上陸しましたスタッフより、

衝撃の写真が送られてきました。。。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日、2020年3月28日撮影の30号棟の写真です。

 

近づいてみると、、、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

右側上部の窓枠、そして部屋が屋上から崩落しています!!!

 

軍艦島コンシェルジュでは毎回、

建物の変化の比較検証のため定点カメラで記録を撮影しており、

おとといの写真と比較してみると、、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このように3月26日まではまだ崩れていなかったんです!

 

実は昨日の27日(金)が、

船も全社欠航するほどの大シケと強い風が吹いていました。

 

つまり“昨日の風で崩落した”という訳です。

 

端島(軍艦島)の30号棟は1916年(大正5年)に建設された

7階建てのアパートで、完成してから100年以上が経過しています。

 

先日のブログではちょうど

窓枠が無くなっていたことを取り上げましたが、

もう今日には天井から崩落…

 

いよいよ30号棟の余命は短いのかもしれません。

 

 

軍艦島デジタルミュージアムに展示しておりますが、

当時の模型を見ても分かるようにロの字型立方体のアパートでは

工夫を凝らし、様々な人々の生活が行われていたそうです。

当時ここに住んでいた住人、

若い頃の青春を30号棟で過ごした人にとっては

とてもとても悲しい現実だと思います。

 

 

30号棟は今年、令和2年で104歳!

もしかしたら明日見たらもう半分以上倒れているかもしれません。

 

 

今後も軍艦島コンシェルジュでは上陸した際に

建物の変化を見逃さず

見守っていきたいと思います。

 

以上、佐藤でした。

明日もご安全に!

-軍艦島

Copyright© 軍艦島 -gunkanjima- , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.