GUNKANJIMA CONCIERGE × GUNKANJIMA DIGITAL MUSEUM

軍艦島レポート

軍艦島レポート

池島炭鉱坑内体験ツアー 軍艦島 軍艦島上陸周遊ツアー

寺田克也in池島

更新日:

皆様こんにちは!!

PPDの花澤です

実は私先日、長崎県内にある
池島という島に行ってきました


池島は、軍艦島と同じくかつて炭鉱で栄えた島です。
周囲4㎞と小さな島ですが
なんと最盛期は7700名もの人々が暮らしたそう


閉山が2001年ということで
九州の炭鉱の中では一番最後まで採炭を行っていたんですね


ではなぜこの池島を訪れたかと申しますと



『寺田克也 四龍プロジェクト』
のドローイングに同行するためです

皆様もご存知であろう寺田克也氏

天才漫画家、イラストレーター、
ラクガキング


四龍プロジェクトというのは
NPO法人長崎アイランズアクト3主催によるもので

長崎の離島四島(高島、池島、軍艦島、伊王島)を巡り、
それぞれの島から感じるインスピレーションを
龍の絵画で表現していくというクリエイティブな試みです

3月に高島でのドローイングが終わり
今月は池島でした

当日の様子をお写真でお届けいたします!!!



描いているときの表情がなんとも素敵です


弊社のガイド森山とサポーターの村瀬も
実はここ池島の元島民でした




一枚の襖に寺田氏がゆっくりと魂を吹き込んでいきます



こんな坑道の出口で描く場面も


最後はスタッフみんなで記念撮影


いやー、、

花澤感動です


格好良すぎます。
ペン一本で描かれたこの龍ですが、
今にも天に向かって昇っていきそうな
そんな息吹を感じました

高島で描いた龍も拝見しましたが
当たり前ですが全然違うんです。

皆様ももっと近くで見てみたいと思いませんか

この後、軍艦島と伊王島でも一枚づつ描いていただきますが


実は7月23日に長崎の伊王島で開催される
アートフェスティバル『BLUE FES』にて、
ライブドローイングとして全て完成します



皆様のご参加いただければ
全ての絵をみていただくことができます
伊王島でお待ちしております


さて、今回舞台となった池島ですが
現在は、なんと炭鉱体験ができるということで
今長崎でも大注目の観光スポットなんです


本格的にヘルメットとヘッドランプを装着し
実際に当時使用されていたトロッコ電車に乗船
坑内に入ることができます

そして元炭鉱夫さんのガイドで坑道内を見学、
実際に機械に触り、動かしてみるという体験もできます


予約をすれば、当時の炭鉱夫のお弁当を再現した
炭鉱弁当もいただくことができます

長崎に観光でお越しの際は是非
池島炭鉱体験もプランに入れてみてください

本当に貴重な体験ができますよ


そして軍艦島のツアーも今がチャンスです!!
ご予約お待ちしております
それでは、明日もまた

ご安全に

-池島炭鉱坑内体験ツアー, 軍艦島, 軍艦島上陸周遊ツアー
-,

Copyright© 軍艦島 -gunkanjima- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.