GUNKANJIMA CONCIERGE × GUNKANJIMA DIGITAL MUSEUM

軍艦島レポート

軍艦島レポート

軍艦島

上陸できなくてもしっかり充実◎軍艦島周遊ツアー!

更新日:

 

こんにちは!

休みの日はサップで個人的に
いろんな海を周遊している佐藤です。

 

ニュースでも連日警戒報道されてましたが
九州を襲った今回の台風。

皆さんの地域は大丈夫でしたでしょうか?

 

長崎南部の外海に位置する軍艦島は
今回も台風の影響により、ドルフィン桟橋が
使用出来なくなってしまいました。。。

 

そのため、現在は周遊ツアーにて
絶賛運航しております!

 

よくお問い合わせのお電話では、

「上陸が出来ないなら行く意味がない…」

とか、

「周遊って何をするんですか?」

といった声を頂いておりますが、

 

この、 軍艦島周遊ツアー

実はすごく楽しめるんですよーー☆

 

せっかく長崎に来たのなら一目でも

軍艦島を間近で見て頂かないと!

 

 

 

 

というわけで、、

 

周遊ツアーはこんな感じです☆

 

ジュピターは長崎港を出て40分

軍艦島を目指します。

 

いよいよお待ちかね

軍艦島が見えてきました!!

この日はベタなぎ(波がほとんどない様)で

最高の周遊日和でしたね〜〜

まずは船長の計らいで壊れたドルフィン桟橋へ近づき

上陸ができない様子をガイドと共にご説明いたします。

ドルフィン桟橋を見学した後は

メインの周遊ルートへ!

島自体も大きいのですが、

船も軍艦島にできる限り近づきますので、、

大迫力の景観を見ることができます◎

そして何と言っても現在、、

周遊ツアーで1番の注目が

大正5年に建てられ今も現存している

日本で一番古い鉄筋RC高層アパートの

『30号棟』

台風の影響により段階的に

側面の壁が崩落していっております。。。

見てお分かりのとおり

本当にいつまた崩れるかわかりません。

 

 

 

そして、西側に面する公民館の前の護岸が、、、

 

外壁のコンクリートが壊され

中にある赤土の天川(あまかわ)工法が

剥き出しになっております。。

 

このように

上陸ツアーでは見ることが出来ない西側を、

船で周る周遊ツアーでは、

 

もちろん軍艦島の景色と

台風の凄まじさも目で体感することができるんです!

 

世界遺産、軍艦島

その姿は毎日刻々と変化しておりますので

周遊ツアーは毎便が貴重で

そういう意味では軍艦島の変化を確認する

非常に充実したツアーとなります。

 

現在のところ今月22日までは周遊ツアーとなりますが、

(※今後日程が変わることもあります)

 

長崎にお越しいただき

ぜひ周遊ツアーにご参加いただければと思います!!!

 

 

追記

 

軍艦島のことをもっと写真と解説付きで知りたい!

という方は、、

 

端島(通称軍艦島)に当時住んでいらっしゃった方の

ホームページ 『想像と記憶』

のリンクを貼っておきますので

ぜひご覧くださいませ↓↓

 

『想像と記憶』(端島・軍艦島)

http://www6.cncm.ne.jp/~hashima/

 

元島民でありその観点から軍艦島のことをすごく

詳しく調べている方です。

 

 

 

それではまた次回周遊ツアーの模様をお届けしますね

明日もご安全に!!!

 

佐藤でした。

 

-軍艦島

Copyright© 軍艦島 -gunkanjima- , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.