上陸+周遊プラン

プランについて

軍艦島上陸の際の注意事項

軍艦島上陸前にお読みください

雨具 雨の日に備えて、レインコート(雨がっぱ)をご持参ください。
レインコートはお客様ラウンジでも¥200-で販売しております。
日除け対策 晴れた日は照り返しがきついので、つばの広い帽子お飲物のご準備をお勧め致します。
運動靴か靴底の平らな物をご用意ください。
※軍艦島では、桟橋の床面が鉄格子になっている為の安全規定です。
服 装 動きやすく軽い服装をお選びください。船からタラップを渡り上陸する際に危険な場合があり、安全性からも動きやすい服装がベストです。
デッキ席 2階席に雨及び、波しぶきがかかることがあります。船長が危険と判断した場合は、船内移動及び座席を制限させていただきます。
航行中 船体が激しく動揺する場合がありますので、お客様の安全確保のため乗船中は船員及び安全誘導員の指示に必ず従っていただきます。
ハンディキャップ
及び慢性疾患を
お持ちの方
乗船に支障ある障害 (ハンディキャップ等含む) をお持ちの方、また慢性疾患等の病気を患っている方は、お客様のお身体が悪化するおそれがあるため、弊社で乗船できるか検討の上、判断させていただきますので、事前に病状をお知らせください。
上陸時間 上陸時間は長崎市の規定により『1時間』となっております。
220mの見学通路を往復しますが、3カ所の見学広場でガイドが当時の写真を
使って説明をします。
規制 建物は、倒壊の危険があり近付く事は出来ませんので、ご了承下さい。
高密度高層住宅群は、船上から周遊時にご覧頂きます。
軍艦島内ではガイド、安全誘導員の指示に従ってまとまって行動して下さい。
移動時の通路が狭いため、立ち止まっての写真撮影はご遠慮頂く事があります。
スタッフより 皆様の安全確保の為に最大の注意を払いご案内いたします。
ご要望等ございましたらお気軽にスタッフまでお申し付け下さい。
軍艦島ドルフィン桟橋利用禁止となる天候基準
軍艦島上陸に関しては、天候と安全基準を満たさないと上陸が出来ません。
天候基準をクリアする日数が年間100 日と想定されています。
桟橋の利用を禁止する場合の基準
1. 風速が秒速5 メートルを超えるとき
2. 波高が0.5 メートルを超えるとき
3. 視程が500 メートル以下のとき
※上記範囲内においても、見学者が安全に下船できないと船長が判断するときは、桟橋を利用しないものとする。

上陸出来ない場合

長崎市条例で定められた軍艦島ドルフィン桟橋利用運航基準に従い、また船会社運航基準に基づき、気象、海象情報を勘案して上陸の可能、不可能を決定致します。
尚、その日の気象、海象の条件によっては、港内が穏やかであっても軍艦島への上陸が出来ない場合もあります。
長崎港内の波と軍艦島周辺の波とでは大変な違いがあるからです。
出航はしたが、波が高く、結果的に上陸出来なかった場合
コンシェルジュガイドのレクチャーを聞きながら、軍艦島の周りを周遊(行程 約2時間)
また、軍艦島入場料の返金と、弊社のオリジナルノベルティを進呈させていただきます。

印刷用ページをご用意いたしました。