狭経験と知識を挑戦への力に変え、
ルールにあてはまらない
自由な発想を形にした
次世代型観光船「ジュピター」。

2017年導入 第3世代 JUPITER “ジュピター”

主な詳細 PRINCIPAL PARTICULARS
船体:ハイレベル強化プラスチック

The body of a ship:Peinforced plastics

全長:32.00メートル

Length(O.A):32.00m

全幅:6.30メートル

Breadth(MAX):6.30m

喫水:1.30メートル

Depth(MLD):1.30m

総トン数:99トン

Gross tonnage:99t

1階客室 後方室・前方室グラスボートP55席

特徴CHARACTERISTIC

  • 最下層になる為、窓が小さく外が見えづらいが、
    しかし軍艦島上陸時には一番先に上陸できる。
  • 更に軍艦島を周遊する時は前方扉が開き、
    最高のポジションを満喫できる。
    (海象条件によっては不可、その場合特別ギフト有り)
  • 後方の客席は船舶構造上最も揺れない空間となっているので、
    船酔いしやすい方にお勧めです。
  • 前方客室はグラスボートになっており、時期によって軍艦島の
    周辺海底にいる伊勢海老などが見えることもある。
  • LED照明のショータイムが可能で、落ち着いた雰囲気での
    ツアーを楽しめます。

2階メイン客室 P56席

特徴CHARACTERISTIC

  • 乗船・降船に使用する中央部のメイン客室。
    バリアフリー対応で、後方、前方合わせて一番客席が多く、 どこからでも画像やライブ映像を楽しんで頂けるように オートリリースモニター3機搭載。
  • 船窓にもこだわった、大きく開かれた紫外線対応
    UVカットの窓。
  • 本格ミュージシャンにも対応できる最高級ミキシング
    音響機器を搭載して生ライブを楽しめるライブ空間を演出。
  • ツアーの雰囲気を彩る最新のLED間接照明
    (サンセットツアー含む)。

同2階客室デッキ P33席

特徴CHARACTERISTIC

  • 海風を感じる2階後方デッキからは、螺旋階段を降りると
    船尾展望スペースへと繋がっています。
  • 風音にも負けない音響システムを構築していますので、
    室内と変わりなくツアーを楽しんでいただけます。

3階客室 P31席

特徴CHARACTERISTIC

  • 最上階で開放感あるUV対応の窓。
  • 最新LED照明、YAMAHA最新アンプでのAV音響システムを
    搭載。

同3階客室デッキ P32席

特徴CHARACTERISTIC

  • 最上階オープンデッキで一番見晴らしが良い。
  • 風音にも負けない音響システムを構築していますので、室内と
    変わりなくツアーを楽しんでい。

Specification

コントロールルーム 操舵室

Control room

操船情報、36画面モニタリング、LED照明、音響、映像コンピューティングシステム、空調システム、水密扉アラームシステム、レーダー・魚探水深探知・GPSコントロール、サイドパワーシステムなど、すべてのコントロールを司る。

サイドスラスター

Side thruster

船体を横方向へ動かす動力装置。
接岸、離岸の際の時間と手間を短縮しながら安全確保ができる。『スラスター』押付けると言う言葉通り、船体の前後2箇所に設置する事で接岸時押付ける力が増す事で乗客の乗降がより安全となる。

ジャイロスタビライザー

Gyro stabilizer

揺れる船体を安定させる装置。 AI computer 内蔵で波の予測をして船体を平行に保つジャイロを採用。海上走行時の乗客の移動及びトイレ使用時の安全性が高まり、接岸、離岸時も含め船体の安定化によって70%の揺れを抑え、より安全な乗客の乗降が可能になる。

海底グラスボート

Glass bottom area

一番船底に近い客室にはグラスボートとLED照明システムを設計、加えて音響コントロールなどを駆使して閉鎖感を軽減させ、海底の景色を楽しめる工夫をした。

ロープカッター

Rope cutter

軍艦島、外海の波やうねりは大きく、船舶を固定するロープ作業は困難を要します。ロープを海中に落とせば、それがスクリューに巻き大事故につながります。スクリューに搭載されたロープカッターはそのロープを木っ端微塵に砕き、事故を未然に防ぎます。

Jupiter

『ローマ3主神のうちの一人で神々の王で天を支配する。元来天空の神で気象現象をつかさどる。
また正義徳戦勝の神で法の守護者。』

Specification The body of a ship : Reinforced plastics Length(O.A)32.00m Length(P.P)26.70m
Breadth(MAX)6.30m Depth(MLD)1.30m Gross tonnage 99t

安全性 Safety

サイドスラスター
Side thruster

船体を横方向へ動かす動力装置。接岸、離岸の際の時間と手間を短縮しながら安全確保ができる。『スラスター』押付けると言う言葉通り、船体の前後2箇所に設置する事で接岸時押付ける力が増す事で乗客の乗降がより安全となる。

ジャイロスタビライザー
Gyro stabilizer

揺れる船体を安定させる装置。AI computer 内蔵で波の予測をして船体を平行に保つジャイロを採用。海上走行時の乗客の移動及びトイレ使用時の安全性が高まり、接岸、離岸時も船体の安定化によってより安全な乗客の乗降が可能になる。

ハイクオリティーキール
Hi quality keel

世界でも類を見ない軍艦島ドルフィン接岸時の衝撃に対応する為、船体強度に必要なキールを通常より80%増やし、より衝撃に強い船体を確保。絶対に浸水しない設計を設計者と共に塾考を重ね、軽さと強度を最高値にまで高めた。

セキュリティー
カメラシステム
Safety Camera system

死角を無くす全方位赤外線カメラを、全客室内は元より操船、甲板作業をサポートする船外にも設置する事で安全な旅客の乗降及び、操船中の船内外の様子や機関室の様子等も常時確認する事が出来る。

水密扉アラームシステム
Water tight door
alarm system

全ての水密扉は当然JG指導の元で厳しい検査にパスしたものであるが、万が一の閉め忘れ防止、開け放ち防止為にセンサーアラームを設置。航行中自由に乗客の出入りが出来るよう人員を配置し、尚且つセンサーアラームにて安全性を確保した。

ロープカッターシステム
Rope cutter system

軍艦島、外海の波やうねりは大きく、船舶を固定するロープ作業は困難を要す。ロー プを海中に落とせば、それがスクリューに巻き大事故につながる。スクリューに搭載されたロープカッターはそのロープを木っ端微塵に砕き、事故を未然に防ぐ。

快適性 comfort

LED照明
コントロールシステム
Led lighting system

長崎総合科学大学と共同研究にてLEDカラーを活用した体温コントロールシステムを採用。ライティング・AVシステムプロデュースで迎えたのは軍艦島デジタルミュージアムのデジタルシステムを手掛けた?ゼロテンが担当した。

UVカット仕様ウインドウ
UV cut port window

どこからでも景色を楽しんで頂く為に大きくしたウィンドウには、夏場の強力な直射 日光を避ける為にUVカットを採用した。

全方向AV
コントロールシステム
All AV control system

全てのお客様に楽しんで頂けるように配置したオーディオ・TVシステムコネクショ ンは、MacBookAirやiPadデバイスを採用し、ガイド本人が話す内容をより理解しやすく、更に様々なアプリケーションの活用で客室乗務員とお客様との距離を縮める効果をハイレベルで高めた。

WIFI
インターネットシステム
Wifi internet system

死角を無くす全方位赤外線カメラを、全客室内は元より操船、甲板作業をサポートする船外にも設置する事で安全な旅客の乗降及び、操船中の船内外の様子や機関室の様子等も常時確認する事が出来る。

海底グラスボートエリア
Glass bottom area

全ての水密扉は当然JG指導の元で厳しい検査にパスしたものであるが、万が一の閉め忘れ防止、開け放ち防止為にセンサーアラームを設置。航行中自由に乗客の出入りが出来るよう人員を配置し、尚且つセンサーアラームにて安全性を確保した。

ライヴパフォーマンスエリア
Live performance area

軍艦島、外海の波やうねりは大きく、船舶を固定するロープ作業は困難を要す。ロー プを海中に落とせば、それがスクリューに巻き大事故につながる。スクリューに搭載されたロープカッターはそのロープを木っ端微塵に砕き、事故を未然に防ぐ。

デッキバックヤードエリア
Deck backyard area

ジュピターの特徴の一つにデザインされたデッキ構造があります。海の香りや風を心地よく楽しんでもらうため曲線を多用しました。海の夕景に合わせて情景を彩るLEDライティングコントロールを採用し、より海に親しんでもらうジュピターとして誕生しました。