お知らせ

ICOMOSの先生方を迎えての近代化遺産セミナー 2/15
2012年2月7日

本日、オーストラリアのICOMOSの先生方と一緒に軍艦島の調査に行って来ました。


平成27年度の世界遺産登録を目指して、視察と研究が行われています。


来週、第2班の専門家を海外からお迎えして市民向けにセミナーを開催します。


ご興味のある方はご参加下さい。


お申し込みはメールかお電話でお願い致します。


tel:095-895-9300


mail:universal@gunkanjima-concierge.com


 


                                                  平成2426




各 位


長崎の稼働資産を考える会


代表 橋本希俊



   近代化産業遺産「世界遺産セミナー」の開催について(ご案内)


 


春寒の候、貴職におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。


さて、本会では、鉄鋼・造船・石炭鉱業などの重工業が、幕末の西洋技術の導入以来、西洋以外の地域で初めて、かつ極めて短期間のうちに飛躍的な発展を遂げたという過程を証明するものとして、「九州・山口の近代化産業遺産群」の世界遺産登録を地元として応援しております。


つきましては、目標とする平成27年の登録を目指し、世界遺産、特に産業遺産に造詣の深い専門家をお招きし、次のとおり「世界遺産セミナー」を開催することといたしました。ご多忙のところ恐縮に存じますが、ご参加いただきますようお願い申し上げます。


 


 


日 時  平成23年2月15日(水)15時〜18時


場 所  ANAクラウンプラザホテル長崎グラバーヒル


          グラバー  ホールB


主 催 長崎の稼働遺産を考える会


共 催 「九州・山口の近代化産業遺産群」世界遺産登録推進協議会


内 容  各氏からお話を伺います。


1 「九州・山口の近代化産業遺産群」の世界遺産登録へ


     向けた取組状況


加藤康子(世界遺産登録推進協議会コーディネーター)


2「稼働中の産業遺産を含む案件の保全方策等に関する


内閣官房提案について」  


内閣官房地域活性化統合事務局 長谷川企画官


3 「九州・山口の近代化産業遺産群」と世界遺産登録の考え方」


ニール・コソン卿(イングリッシュ・ヘリテージ


元総裁)


4  ジェーン・ハリントン(オーストラリアICOMOS


                                会長)


5  ヘレン・ラードナー


               (オーストラリア・へリテージコミッション)


6  リチャード・マッケイ


(オーストラリア カンボジア政府アドバイザー)


7 質疑応答
















 



 


   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
 
     
     

     
     
     
    

   
     
     
     
     

一覧へ戻る